2013年8月10日

大作業中継!②ブレーキラインステンレス化 GRB インプレッサ WRX STI

osamu-factory 2013年8月10日 by osamu-factory

こんばんは!要修行行の金井です!

 

最近暑すぎてもう暑いとも思わなくなってきました。

 

なんだか汗がとまらないなー

 

これが素直な感想です。

 

レベルアップしたのでしょうか!!

 

 

はい、本日はこちら!

 

DSC07285

 

大作業開始!①エアロキャッチ取り付け GRB インプレッサ WRX STI

でご紹介した、あのGRB

 

本日はブレーキホースのステンレスメッシュ化! 

 

DSC07276

 

 

最初はこのように標準ではゴムのラインが使われいます。

ではステンレスに変えるとどうなるのか?

 

すごく簡単に説明いたします。

 

 

DSC07287

まずはブレーキが止まる仕組みとして・・・

ペダルを踏むことによってブレーキフルードに圧力を与えます。 

その圧力はブレーキライン、ホース、キャリパーと伝わって行き、最後はパットを押すピストンまで伝わります。

 

 つまりブレーキを踏む力≒圧力の強さは、パットがローターをはさむ力になる(=ストッピングパワー)。

というわけです。

DSC07286

 

さて、ではこのステンレスホースに変更する利点はいったい?

ブレーキの効きに、圧力が大事ということはわかっていただけましたか?

高い圧力が発生するブレーキライン。

ここにゴムの配管を使用しているのが純正。

高い圧力がかかると、ゴムが膨らみ、パットまで行くはずだった力が逃げてしまうのです。

この逃げをなくしてしまうのがステンレスメッシュのブレーキホース。

今まで力が逃げていた部分をダイレクトにつなぐため、ブレーキのタッチは非常にリニアになり、

コントロールが安易になります。

なぜ純正で採用されていないのかが不思議なほどの必須商品。

 

ブレーキのフィーリングがよくなれば、走ることがさらに楽しくなりますよ!

導入しなくちゃそんですよ!

 

初めてステンレスメッシュを体験したときのことが忘れられない、要修行の金井でした。

 

 

 

 

 

DSC07273

 

一緒にサイドシューも交換しています。

ターンをするなら必須ですね♪

 

・・・強烈キャンペーン!・・・

猛暑に負けるな!モクール40%OFF!

 

DSC06762

 

車輌のクーリングで御困りのお客様、ラジエーターの容量をあげる前に、モクールに挑戦しませんか?

 

定価4100円のところ、まさかの40%offでのご提供!

 

在庫分限りとなります、御早めに!!