2021年3月

ラリーストリームの採用とSOS時用の赤布

fukunaga 2021年3月30日 by fukunaga

中部・近畿ラリー選手権2021 開幕戦となる

第2回やましろのくにラリーin宇治田原が無事に終了しました。

ご協力頂きました関係者の方々、出場頂きました選手の皆さま、

雨の中、頑張って頂いたオフィシャルの皆さま

本当にありがとうございました。

 

今回はラリーストリームを採用したり

選手が携帯するSOS時用の赤布だったり

安全面にも最善を尽くし身の引き締まる思いで主催を努めました。

これかも開催地域、主催クラブ、選手など関係者一同が

より安全に参加できるラリーが開催出来るように努めていきます。

京都新聞 第2回やましろのくにラリーin宇治田原

 

オサムファクトリー初心者サーキット走行会2021春

fukunaga 2021年3月22日 by fukunaga

2021年4月24日 土曜日 に 

オサムファクトリー初心者サーキット走行会2021春を開催します。

ファビアRally2(R5)とGRヤリスもテストで走った

下記のモーターランド鈴鹿を走ります。

サーキット走行なんかした事が無い!

やってみたいけど知り合いもいないし、やり方も分からない!

こんな初心者の方でもとにかく自分の車で思いっきり走れば世界は変わると思います。

モーターランド鈴鹿ではサーキットでは非常に珍しく

横乗り同乗走行も可能でスキルの高い方の同乗など

ドライビングのイロハを習得しやすいと思います。

クラスも4クラス用意させて頂いているので

同レベルの方と一緒にクリアーラップも取りやすく

ドライビングテクニックを磨くには最適です。

半日で4回順走逆走があり走行料金も9000円とお得です。

ヘルメットやグローブの貸し出しなど初めての方でも安心です。

*貸し出し費用として1000円をお願いします。

第19回 オサムファクトリー初心者サーキット走行会2021春

開催は2021年4月24日 土曜日

集合は12時20分 ドライバーズブリーフィング12時30分

13時より各クラスごとに走行開始 17時走行終了 表彰式

場所は 三重県鈴鹿市三宅町3616 モーターランドSUZUKA

走行費用 早期割引き9000円 以後は1万円

     早期割引き期間は10月2日までOK

振込先  京都銀行 三山木支店 普通3268689

     口座名義 カ)オサムファクトリー

内容   サーキット走行会 15分枠を4回順走逆走

同乗走行 コロナ禍ではありますが、感染が収まりつつあればGRヤリス

     ラリードライバー福永修の同乗走行をさせて頂くかもしれません。

参加クラス Aクラス 1周 45秒から48秒

      Bクラス 1周 48秒から50秒

      Cクラス 1周 51秒から53秒

      Dクラス 1周 54秒以上

参加クラスはあくまでも目安なので主催者がクラス設定させて頂きます。

申込書   MLsuzuka20210424

申し込み先 株式会社OSAMU-FACTORY イベント事業部

      shop@osamu-factory.jp

   〒610-0313 京都府京田辺市三山木西荒木29-1

      TEL 0774-34-1800 FAX 0774-34-1801

新城ラリー2021 Supported by AICELLOが開催

osamu-factory 2021年3月22日 by osamu-factory

新城ラリー2021 Supported by AICELLOが開催されました。

今回、JRFのレギュレーションの変更に伴い、R5車両の登録が可能になり、
勝てる可能性のある車として、Škoda(シュコダ)、タイヤはMichelin(ミシュラン)を選択して、今シーズン初戦を迎えることができました。

結果は3位入賞となりました。
実際、シュコダにての実践は、一昨年のセントラルラリーと今回の新城ラリー2021の2戦を走行しただけなので、まだまだ調整が必要です。
次戦にむけて改良・セットアップを重ねて参ります。

いままでのラリー人生の中で、自動車メーカーよりスポンサードしてもらってことがなく、
どのようにすれば、上位に食い込むことができるのか、模索のシーズンが続きました。
いままでの大会で、車両やタイヤに様々なことを試してきましたが、なかなか結果はついてきませんでした。
自動車メーカーがスポンサードでないことに、勝つための限界も感じていました。

そこで今回のレギュレーションの変更伴い、
世界のWRC2クラスで何度も優勝している、シュコダの車両を選び、
タイヤは(シュコダに)相性の良いミシュランを選定させて頂きました。
ただ、日本のラリーにミシュランが合うかどうかリスクがありますが(日本は距離が短いため)
チャレンジいたしました。

今回の新城ラリーを経て、ようやく少し兆しがみえました。

車両もタイヤは市販されているものなので、誰もが勝てるチャンスがあります。
メカニック一帯となって、今シーズンがんばります。

わたしのファンの方、そして支えてくれてる多くの中小企業スポンサーの皆様、
年末に良い報告ができるよう頑張ります。

いよいよ本年度初戦、新城ラリー

osamu-factory 2021年3月1日 by osamu-factory

いよいよ本年度初戦、新城ラリー2021 Supported by AICELLO(3/19-21)が開催されます。
(Rally of Tsumagoiは緊急事態宣言下のため中止)

過去に、競馬や相撲など他スポーツにおいてに、外国産には制限がありました。
いよいよ全日本の最高峰JN1クラスの舞台において、2021年度は新たな展開となります。

本年はクロフネ到来と言われているように、世界のR車両(シュコダ、フォード、ヒュンダイ、シトロエン、フォルクスワーゲン)、日本メーカー(スバル、三菱、トヨタ)の8メーカーがで競う形となります。
また、タイヤにおいてもR車両はFIA(世界自動車連盟)公認の13社とすると公示されています。

いろんなメーカーやタイヤが増えることは、多くの選手がラリーをするキッカケにもなります。

本当にワクワクする1年となります。
初戦、車両・タイヤについて、何で参戦するか乞うご期待ください!!