サンバー

サンバーにアクティブクラッチ取付け

tsukuma 2013年12月22日 by tsukuma

エンジンスワップ作業していたサンバーバンにアクティブクラッチを取付けました。

この車両はワイヤー式です。

荷室にアクティブクラッチユニットを設置すると荷物の出し入れの邪魔になってしまうのでクラッチペダルの左奥のスペースに取付けました。

いい固定場所がないため土台を作成しました。

20131222-214823.jpg

作動時の振動を吸収させるためゴムマウントを取付けその上にユニットをつけました。

20131222-215119.jpg

付いてしまえばよく見えない部品ですが。

丸見えですが走行の邪魔になる場所ではないと思います。

リアにエンジンがあるためワイヤーはかなりの長さが必要でした。

ミッション側の加工はこのような形です。

20131222-215517.jpg

純正のペダルでも運転できるため2本ワイヤーがあります。
どのようにして引くかは車種別で考える必要があるため大変です。
この前つけたワイヤー式のカプチーノとは形状が全然違います。

取付け後のセッティングは普通に走らせるようにするにはすぐできます。

しかし変速時のショックがないようにしたり、半クラを使いすぎてクラッチの消耗をしないようにスムーズな走行、変速するには時間がかかります。

今までセッティングしたすべての車でデータが全然違います。

これは半クラの領域の幅が違っていたりクラッチカバーの反発力が違っていたり
エンジンの吹け方が違っていたり
いろいろな理由があるためです。

TV2サンバーの作業

tsukuma 2013年12月15日 by tsukuma

スバルサンバーバンTV2のエンジン載せかえ作業をしています。

この車両はもともとNA車なのですがS/C車のエンジンに載せかえてパワーアップです。

エンジンとコンピューターはお客様の持ち込みでした。

比較的ポン付けなのですがやはり加工が必要だったり追加で部品が必要だったりします。

スーパーチャージャーが右前にくるのでエアコンコンプレッサーとダイナモの付いている位置が後ろに下がる事によりエアコンのホースは届かなくなります。

マグネットスイッチの配線も延長です。

今まで1本だったベルトも2本になります。
エアコンベルトがなかったため注文しました。

スロットルの出口の向きが変わるためサクションパイプやエアクリボックスの上蓋もS/C用が必要で注文しました。

後は燃料ホースやバキュームのホースの長さが違うぐらいです。

作業前の写真を撮り忘れてました。
ネットで見つけてきた写真をのせておきます。

あとは部品待ちですがこの車両はアクティブクラッチの取付けも依頼していただいたので作業は同時進行です。

20131215-205249.jpg

20131215-205302.jpg

作業メモ

サクションパイプは19年式TT2サンバー用の物を使う